FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

麻薬撲滅戦争の犠牲者?

 2016-08-10
ドゥテルテ大統領に代わってからマニラでの射殺事件が増えています。
麻薬の密売人や常習者は人権も何も無い殺せと言う指示があるからだと言われています。
聞く所によると私設処刑団もいるとかで警察発表の数字以上に死亡者がいると言われています。
警官が今まで以上に簡単に拳銃の引き金を引ける様になったのは脅威な事だと思います。
警官が何も抵抗しない密売人や常習者を殺したとしてもペナルティが無いというのはどうなのか?
射殺者が増えれば冤罪も増えて何も罪の無い人まで殺される可能性もある訳です。

PASAY0022.jpg

インターネット上ではテレビカメラの照明の中、血だらけの夫の遺体を抱きしめて
泣き叫ぶ若い女性の写真が人的犠牲を象徴するイメージとして話題を集めました。
警察の張った黄色い非常線の向こうから通行人がこわごわと様子を見守っていた。
殺害されたのはトライシクルの運転手だったマイケル・シアロンさん(30)。
バイクで乗り付けてシアロンさんを射殺した男たちはボール紙で雑に作った札に
「麻薬密売人」と書き残して去って行った。
しかし「夫は無実だった。誰かを傷つけたことなど一度もなかった」と
妻のジェニリン・オライレスさんは誰かの濡れ衣だと強く反発しています。
確かに全国で自首する麻薬犯罪者も増えて効果は上がっているという話も聞きます。
しかし、外を歩いていて事件に遭う可能性が今まで以上に増えた訳です。
この「麻薬撲滅戦争」はいつまで続くのか?射殺現場は自宅からも近い場所です。




       こちらは会社から20分位の所で発生した事件です。





にほんブログ村


ブログ村に参加しています。記事が良かったらクリックお願い致します。

スポンサーサイト
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。